東京オリンピック2020テコンドーベット

テコンドーへベット

テコンドーが2020東京オリンピックで公式スポーツゲームに認定!

東京オリンピック2020のテコンドーは、大会期間中に見るべき魅力的なスポーツの一つです。オリンピックの競技として導入されたのは比較的最近ですが、次回の東京オリンピック2020で6度目の実施となります。また、テコンドーは、日本の格闘技である空手と柔道に並んで、オリンピックの競技として実施されるアジアを代表する格闘技の一つです。

テコンドーは、「足技と手技」という意味の韓国の伝統的な格闘技です。この格闘技では、選手は相手を倒すために手と足を使うことができますが、なにより足技の組み合わせがこの格闘技の真骨頂です。テコンドーの起源は、紀元前50年の三国時代にファランと呼ばれる新羅の兵士たちによって編み出されたテッキョン(足と手)と言われています。20世紀後半になり、テコンドーは韓国人が練習し始めたような格闘技の代表的な型となり、すぐに韓国人によって、テコンドーを世界に広まり始めました。1973年には、国際競技連盟である世界テコンドー連盟が設立されました。WTF設立によって、同年に韓国のソウルで世界で初めてとなるテコンドーの世界選手権が開催されました。

テコンドーは1988年のソウルオリンピックで初めて公開競技種目として実施されました。開会式では、多くの大人と子供が一斉に動くパフォーマンスを披露しました。テコンドーがオリンピックの正式競技種目として採用されるには、時間がかかりました。テコンドーは、1992年のバルセロナオリンピックで再び公開競技種目として実施され、2000年のシドニーオリンピックで初めて正式競技種目として実施されました。以降、テコンドーはオリンピックの正式競技種目として毎大会で実施されています。

まもなく開催されるオリンピックのテコンドーのために、スポーツベッティングサイト大手の10Bet Japanに登録して、大興奮のテコンドーの試合にベットしよう!

下記のリンクより、登録手順をご確認ください。

www.10Betjapan.com

テコンドーは手技と足技を使う種目ですが、試合では、一般的には手技より破壊的な威力を持つ足技の競技として知られています。オリンピックでは、男女ともに4つの階級に分けられています。選手は、男子58kg、男子68kg、男子80kg、男子80kg超級、女子47kg、女子57kg、女子67kg、女子67kg超級のいずれかの階級で試合を行います。

オリンピックでは、それぞれの階級でシングルエリミネーション式のトーナメントが行われ、金メダル、銀メダル受賞者が決定されます。銅メダル受賞者は敗者復活戦で決定されます。

10Bet Japanでオリンピックのテコンドーのスポーツベットを楽しもう

テコンドーは韓国発祥の競技ですが、現在では日本を含む200以上の国に普及しています。開催まで1年を切った東京オリンピック2020ですが、テコンドーの試合にベットしたい日本人の方はぜひ10Bet Japanをご利用ください。来年に首都東京で開催されるビッグイベントへの最高レベルのベッティングプラットフォームをご提供いたします。

10Bet Japanは最高レベルのテコンドーベット体験の提供をお約束します!

テコンドーの発祥の国は韓国なので、この競技に関して、韓国がオリンピックで最も優秀な成績を収めている国であることは言うまでもありません。韓国が通算19個のメダルを獲得しており、次いで中国が10個、アメリカが9個、チャイニーズタイペイが8個、フランス、メキシコ、トルコが7個、スペイン、イラン、イギリスが6個のメダルを獲得しています。

次回のオリンピックの開催国である日本ですが、テコンドーでは苦戦をしています。テコンドーがオリンピックの実施競技に採用されて以来、日本にはこの競技の選手がほとんどいません。男女含めたとしても、日本には有望な選手がほんの11人しかいません。日本がテコンドーで大きく遅れを取っている大きな理由の一つは、テコンドーは日本であまり人気がない競技だからです。テコンドーが実施された5大会を通して、日本はこれまで1つのメダルしか獲得できていません。2000年シドニーオリンピックで、日本人選手である岡本依子が女子67kg級で銅メダルを獲得しました。彼女は現在でも男女含めて日本で唯一のテコンドーのメダリストです。

前大会のリオオリンピックで日本から代表選出されたのは、女子57kg級で参加した濱田真由ただ一人でした。濱田は順調な滑り出しを見せ、初戦ではチュニジアのラーマ・ベンアリに9-0で勝利しましが、準々決勝でエジプトのヘダヤ・ワフバに0-3で敗戦し、日本のメダルへの挑戦は終わりました。2020年のオリンピックのためのアジア大陸予選はまだ始まっていません。開催国である日本は、テコンドーでもその他の多くのスポーツで発揮している日本人選手の存在感を来年の自国の観戦者たちの前で示したいと奮い立っています。

東京オリンピック2020テコンドー:スポーツベットボーナスとプロモーション

自国のテコンドーの選手に賭けたいと思う日本人ユーザーにとって、東京オリンピック2020へのベットボーナスとスペシャルオファーが豊富にある10Bet Japanはまさにベストオプションです。10Bet Japanは、最高品質のサービスと他では提供できないプロモーションで、こだわりをもつユーザーのニーズを満たす日本語対応のブックメーカーです。

10Bet Japanがテニス、クリケット、バレーボール、野球、体操、バスケットボールなどの55を超えるスポーツへのオッズと賭けを提供していることもご注目ください。ウェブサイトは、ユーザーにとって最良となるように設計されており、数百以上の圧倒的な数を誇るベットマーケットと、毎月25,000を超えるリアルタイムのイベントが提供されています。

開催を控えた東京オリンピック2020に備えて、是非とも選んでいただきたいのは、スポーツベッティング大手の10Bet Japan。ほとんどのオリンピック実施競技とカジノに対して多くのボーナスを提供しています。サマーフットボールスペシャルボーナスでは、$10分のカジノボーナスと$10分のフリーベットが毎日もらえます!また、バレーボールもしくは野球のスペシャルオファーでは、毎日最大$20分の報酬が獲得できます。

新規登録者の方には、他のブックメーカーでは手に入れられないような豪華なウェルカムボーナスをお贈りします。入金時にボーナスコードSUN100を入力すると、最大$100分の100%ボーナスがもらえます。同様に、ビットコインでの最初の入金時には、30mBTCボーナス+5mBTCフリーベットという豪華な特典がもらえます。

10Bet Japanでは、テコンドー、空手、その他の格闘技の試合へのプレマッチベット、もしくは試合が行われている間に賭けることができるインプレーベットが利用できます。

東京オリンピックのベットボーナスとプロモーションをお楽しみに!そして歴史が変わる瞬間を10Bet Japanと一緒に体験しましょう!

10Bet Japanでベットするメリットと楽しい数々のゲーム

10Bet Japanでは東京オリンピック2020の試合だけでなく、世界で人気の高い全てのスポーツ、さらにはゲームで大当たりを狙いたい方向けのオンラインカジノへベットすることができます。ブラックジャック、ルーレット、スロットなど、www.10Betjapan.comを訪れるだけでトップレベルのオンラインカジノを楽しめます。

プレマッチベットおよびインプレーベットを利用できる豊富なベットマーケット、好条件のオッズ、定期的にアップデートされるスペシャルオファーとボーナスだけでなく、SticpayやVenus Pointなど日本人向けの支払い方法や、迅速で安全な出金が利用できる点もスポーツベットサイト・10Bet Japanの長所です。

10Bet Japanのブログもぜひチェックしてください。カジノやJリーグ、日本プロ野球、全仏オープンなどの開催が近い大きなスポーツイベントに関する有益な情報や背景情報について知ることができます。カジノのセクションでは、ルーレットの戦略、パチンコの遊び方、バカラの基本、スロットのアドバイス情報などを確認できます。

10Bet Japanは日本人ユーザーに特化したスポーツベッティングサービスですが、業界内での長年にわたる事業実績をもつ世界でも名の知れたブックメーカーです。10Bet Japanはイングランドサッカーリーグのブラックバーン・ローヴァーズとウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンのパートナーです。

10Bet Japanでのスポーツベッティングをお楽しみください。そして、東京オリンピック2020で開催される刺激的なスポーツ、テコンドーもお忘れなく。10Bet Japanほどオリンピックのテコンドーを楽しめる場所は他にありません。今すぐ10Bet Japanをご確認ください!