バドミントン ベッティング - 東京オリンピック2020

バドミントン ベッティング

バドミントンには世界的な歴史があります。 バトミントンのルールがイギリスで作られていた期間にも、アジア諸国のあちこちでプレイをされていた大人気のスポーツです。 バドミントンは、Bath Badminton Clubという団体が結成され、その最初の正式な規則がまとめられた1877年に人気を博し、その16年後の1899年に、イギリスのバドミントン連盟は創設されました。それが象徴的な、全イングランド選手権大会へとつながりました。

バトミントンにおけるオリンピックの歴史

しかし、バドミントンがオリンピックの注目を集めるまでにはしばらく時間がかかりました。 デモンストレーションとして1972年のミュンヘンでのオリンピックで始めてバトミントンが披露されたのです。まさに「赤ん坊」が一歩踏み出したのをみんなで見届けた、という具合です。 この年の9月に開催されたこのイベントは、バレーボールホールの2つのコートで行われました。 プレーされたその日一日でなんと3000人以上の観客が集まりました。 11の加盟国から25人ものプレイヤーが実演されたイベントに参加し、インドネシアのルディー・ハノルトと日本の中山紀子 (née Takagi)がそれぞれ男子と女子のシングルのタイトルを獲得しました。

バドミントンはついに1992年のバルセロナオリンピックにて、男女のシングルスとダブルス共に公式のオリンピックプログラムに追加されました。 ミックスダブルスのカテゴリーは、1996年に行われたアトランタオリンピックの後半に導入されています。 現代のバドミントンの創成期に関わったのはイギリス人でありましたが、何年ものバトミントンをこよなくプレーし続けていたのはほかでもないアジア人でした。 2008年のオリンピック大会以来、106あるオリンピックメダルのうち、アジア人はバトミントンで合計92を獲得。創造者イングランドとデンマークに先んじて、アジア人がこのスポーツを網羅していたことを世界中に知らしめました。

バドミントンオリンピック大会東京2020はすでに世界中のスポーツファンから大きな熱意と共に注目されています。

来たるバドミントン東京オリンピック

1992年にバトミントンがオリンピックに加わって以来、中国はオリンピック競技大会でバドミントンで一番の活躍を見せています。中国はこれまでバドミントンで41個のオリンピックメダルを獲得しており、インドネシアと韓国がそれぞれ19個のメダルを獲得、9個獲得しているマレーシアがそのあとに続きます。 次回のオリンピック大会は、2020年に日本の東京。この順番がどう変わるかに注目が集まります。

バトミントンは今日アジアのスポーツと呼ばれていますが、日本は最近オリンピックで成功を収めていませんでしたが、藤井瑞希と垣岩 令佳のペアは、2012年にロンドンで開催された女子ダブルスで日本初の銀メダルを獲得し、ついに日本もバトミントンで輝く時が来たと期待が高まります。そしてとうとうそれは現実のものに。松友 美佐紀と髙橋 礼華のコンビがダブルス部門で優勝し、奥原希望がシングルスで銅メダルを勝ち取ったのです。

最近、日本のバドミントン選手たちは国際的なプラットフォームで彼らの存在感を感じさせてきました。 日本の桃田賢斗と奥原希望は、現在それぞれ男子と女子のシングルで世界ランキング一位です。

日本のオリンピック・バトミントン・パフォーマンス

2020年のオリンピックの前に、日本は記録の向上を目指します。 これまでのところ、わずか3つのオリンピックメダルしか持っていません。 しかし、1977年の日本初のタイトルから40年後の2017年に、桃田が男子シングルスでグラスゴーでの世界選手権で優勝しています。 彼らの最近のパフォーマンスを考えると、更なるメダル獲得が期待できそうです。

2018年のアジア競技大会でさえ、日本は 女子チームイベントで金を含む合計6つのメダルを獲得しました。 シングルスのカテゴリーは別として、チームイベントやトーマス&ユーバー杯決勝やアジア選手権(チームと個人の両方)などで優秀な成績をたたき出しており、日本がバトミントンの強豪国に成長したことを表しています。スーパーシリーズとワールドツアーのレベルでの継続している日本の快進撃は、どれだけ世界の舞台で対等に戦える力があるかを熱弁するものであり、 日本は世界のランキングで首尾一貫しています。彼らは男子シングルと女子ダブルスを含む5つのカテゴリーにわたって合計13人がトップ10圏内に入っていることからもうかがえます。

女子ダブルスのカテゴリーについて言えば、上位10組のうち5組が日本選手たちで、国際的舞台でメダルを獲得しています。松友 美佐紀と髙橋 礼華、福島由紀、廣田彩花、松友麻佑、長原若菜らがトッププレーヤーとして君臨しており、その他にも大きな活躍が期待できる日本のプレイヤー達がそろっています。 その一方で、桃田賢斗は無期限出場停止処分が解け、復帰した後も衰えをみせず、男子シングルで首位に君臨し、実力を見せつけました。

女性シングルスでは、奥原と山口茜が独走状態にあり、ほかの選手を寄せ付けません。 小柄なプレイヤーの活躍は身長がゲームとは無関係であることを証明しました。 バドミントンと世界のスポーツの世界において様々なカテゴリーがありますが、それぞれ沢山の日本人選手たちが懸命に戦い、記録を伸ばしているのです。

オリンピックバドミントンへのベットとオッズ

2020年の東京オリンピック開催まで一年を切りました。日本は特にシングルの分野でかなり期待ができそう。この瞬間をさらに意義あるものにしてみませんか? これらのバドミントンの試合にベットをして興奮を高めましょう。その際はぜひ10Bet Japanをプラットフォームとしてお選びください。 私たちはオリンピックへのオンラインベッティングを長年にわたり提供してきました。そして今、本格的な日本語サービスとして、10Bet Japanはトップを走り続けます。

バドミントンオリンピックのベッティングを10Bet Japanで!

日本の大手オリンピックベッティングサイトである10Bet Japanでバドミントン2020東京オリンピックに賭ける。 10Bet Japanに今すぐ参加をして最新のバドミントンマーケットと最高のオッズをどうぞ!

あなたが勝つと思う選手やチーム、そしてオリンピックの試合の中から特定の試合に対するスペシャルオッズ、そしてポイント数にベットをするもできます。 www.10Betjapan.comでは、優勝プレーヤーを予測するアウトライトベット、最も人気のあるバドミントンベットであると考えられるハンディキャップベットもお選びいただけます。

東京2020オリンピックに向けて、10Bet Japanで提供する様々なボーナスと特別オファーにもご注目ください。 登録方法はウェブサイト上でできて、とても簡単。 このWebサイトの右上にある「今すぐ登録」ボタンから、必要な情報を入力して送信してください。 新規のお客様には、うれしい初回入金ボーナスがございます。 その他のオファーも盛りだくさん。10Bet Japanのプロモーションページで、スポーツおよびカジノボーナスオファーをご確認ください。詳細はこちらからどうぞ:プロモーション

10Betのロイヤルティオファーの一環として、毎週最高25ドルのボーナスを獲得できます!

バドミントンはもちろん、10Bet Japanはサッカー、テニス、バスケットボール、野球、バレーボールなど55以上のスポーツを取り扱っています。 2000以上のベッティングマーケットと、毎月25,000以上のリアルタイムイベントを提供しており、プレーヤーにさまざまなスポーツにベットすることが可能。 また、Jリーグ、英国プレミアリーグ、ライブカジノゲーム、その他のゲームから好きなマーケットも豊富ですのでご自由にお好きなものをお選びください。

そして10Bet Japanにあるお支払方法はどれもとても簡単。 ecoPayz、Venus point、Sticpay、さまざまなクレジットカード/デビットカード、そしてBitcoinのオプションをご利用できます。 カスタマーサポートは24時間365日皆様からのお問合せをお待ちしております。

ブログやFAQページもどうぞご覧ください。2020年の東京オリンピックでの究極のベッティングに備えましょう。

バドミントン、サッカー、バスケットボール、もちろんスポーツだけじゃなく、カジノ愛好家のファンの皆様にも ご満足いただけるサービス10Bet Japanには勢ぞろい。 毎週ログインして特別ボーナスオファーをお受け取り下さい。国際オリンピックスポーツを存分に満喫しましょうね。

長年培ってきたスポーツベッティングの経験は10Bet Japanの誇りです。2020東京オリンピック、そしてその先のスポーツイベントを楽しめる一番の場所は、そう。10Bet Japanしかない!