ユーロ2020ベッティングガイド

欧州サッカー最大の国際大会である「UEFAユーロ選手権」。延期されたユーロ2020は、6月11日(金)から2021年7月11日(日)まで開催されることになりました。このユーロ2020ベッティングガイドでは、ユーロ2020の最新オッズ、ヒント、試合などについてご紹介します!

今回のユーロは、1つの国でも2つの国でも行われません。ロンドンからバクーまで、ヨーロッパ全土で開催されるのです。それに加えて、ユーロカップの2つの大会が4年以上の間隔を空けるのは初めてのことです。すでにご存知の方も多いと思いますが、ユーロ2020は昨年6月に開幕する予定でしたが、中止になってしまいました。グループステージの最初の試合まで2ヶ月を切った今、10Bet Japanはユーロベッティングの議論をスタートさせるには良いタイミングです。

いつどこでユーロ2020が開催されるのか?

ユーロ2020は当初、2020年6月12日から7月12日まで開催される予定でした。しかし、世界的なパンデミックの反響を受け、大会は2021年に延期されました。ユーロ2020は、6月11日にキックオフし、2021年7月11日まで開催されることになりました。大会の60周年を記念して、大陸内の12の異なる都市がイベントを開催します。以下の通りです。

都市(国) スタジアム
アムステルダム(オランダ) ヨハンクライフアレナ
バクー(アゼルバイジャン) オリンピックスタジアム
ビルバオ(スペイン) サンマメス
ブカレスト(ルーマニア) アレーナナツィオナラ
ブダペスト(ハンガリー) プスカシュアレーナ
コペンハーゲン(デンマーク) パルケンスタジアム
ダブリン(アイルランド) アビバスタジアム
グラスゴー(スコットランド) ハムデンパーク
ロンドン(イングランド) ウェンブリースタジアム
ミュンヘン(ドイツ) アリアンツアレーナ
ローマ(イタリア) スタディオオリンピコ
サンクトペテルブルグ(ロシア) クレストフスキースタジアム

ユーロ2020は再び中止されるのか?

COVID-19が依然として大きな問題となっている中、多くの人がユーロ2020が2021年にも開催されるのか、またファンがスタジアムに入場できるのかを疑問視しています。何が起ころうとも、最悪の場合、大会は密室で行われることになるでしょう。ファンについては、COVID-19ワクチンの動向に大きく左右されます。この記事を書いている時点で、すでに多くの国がワクチンの接種を開始していることを考えると、ユーロ2020が多くの観客で賑わうことも期待されます。また、1年後に開催されるにもかかわらず、UEFAはこの大会の名称をユーロ2021ではなく、ユーロ2020とすることを確認したことも注目に値します。

トーナメント形式&グループ概要

情報セクションはほぼ終わります。もうすぐグループステージのユーロ2020ベッティング予想を始めます。しかし、その前に6つのグループをすべてチェックしなければなりません。ここでは詳しく見ていきましょう。

Group A
グループA
Group B
グループB
Group C
グループC
トルコ デンマーク オランダ
イタリア フィンランド ウクライナ
ウェールズ ベルギー オーストリア
スイス ロシア 北マケドニア
Group D
グループD
Group E
グループE
Group F
グループF
イングランド スペイン ハンガリー
クロアチア スウェーデン ポルトガル
スコットランド ポーランド フランス
チェコ スロバキア ドイツ

グループステージは、6月11日に開幕し、6月23日(水)まで行われます。6月24日(土)、25日(日)は休息日となり、6月26日(土)にR16の初戦が行われます。準々決勝は、翌7月2日(金)、3日(土)に行われます。

ユーロ2020の準決勝は、7月6日(火)、7日(水)に行われます。決勝戦は7月11日(日)の予定です。1ヶ月間、ヨーロッパ一流のサッカーをお楽しみいただけます。 ユーロ2020 グループステージ予想

2020年のユーロに賭けるのが待ちきれないという方は、グループステージの結果に賭けるのが良いでしょう。ユーロ2020のグループステージの試合のベッティング予想は様々なところで見られますが、重要な情報が一箇所にまとめられているこの記事から目を離さないでください。

グループA

グループAでは、イタリアが圧倒的な強さを見せています。アズーリは予選での失敗はなく、最終戦のアルメニア戦では9-1の大勝を収め、得失点率(37/4)でグループのトップに立っています。個人の能力はそれほど高くないかもしれませんが、チームとしては非常にしっかりしており、要求されるハードワークをすべてこなしています。だからこそ、彼らはグループのトップに立つことができるはずです。グループAにはまだプレーオフの枠が1つ残っており、スイス、ウェールズ、トルコの3チームが争っています。ここには明確な優勝候補はおらず、スイスとトルコがプレーオフ進出の有力候補となっている。6月20日(日)にバクーで開催される重要なラウンドを前に、この2つの国は死闘を繰り広げることになりそうですが、トルコは最小限のアドバンテージを持っています。

グループB

ベルギーは、このような大規模な大会のグループにおいて、自分たちが大本命であることを正当化できるでしょうか?今やらなければ、今後もできないだろうと思われます。単純明快です。ベルギーは、中盤の魔術師ケビン・デ・ブルイネを筆頭に、EUROに向けて最高のメンバーを揃えており、ハザード、メルテンス、ルカクなどの選手に支えられたベルギーの攻撃は、間違いなく侮れません。残念ながら、私はこのグループの具体的なピックを出すつもりはありません。ベルギーが7.00で優勝するというのは、彼らの歴史やグループBの競争力のレベルを考えると価値がありません。29.00でエリクセンたちがスカンジナビアの兄弟たちを制することになるでしょう。

グループC

グループCは、プレーオフへの出場権を得るためには非常に簡単なグループです。しかし、オランダとウクライナが首位を争うことになりそうで、苦戦を強いられているオーストリアやデビューしたばかりの北マケドニアはすでに見捨てられていると思われます。

ウクライナとオランダ、どちらのチームが有利なのでしょうか?クオリティーの面では、オランダチームには強力な武器があります。予選では堅実な戦いぶりを見せていたが、グループステージでも同じような戦いぶりを見せてくれるでしょう。デパイ、プロメス、ワイナルダム、フレンキー・デ・ヨング、そしてもちろん、大会前にピッチへの復帰が期待されているVVDです。これらを考慮すると、ユーロ2020のベッティング予想は、グループCに関しては非常に単純明快です。オランダが首位に立ち、続いてウクライナが2位となるでしょう。以上が私のお金の賭け方です。

グループD

グループDには、さっそく注目の試合が用意されています。イングランド対クロアチア、驚くべきワールドカップ2018準決勝の再戦です。覚えているでしょうが、クロアチアは延長戦でマンジュキッチの見事なゴールを決めて勝利しました...しかし、アルビオンがリベンジをしたいと思っているのは間違いありません。そして彼らはそれが何を意味するか理解するであろう、クロアチアは大きな世代交代の時期に差し掛かっている。しかし、アルビオンはそのリベンジを果たしたいと思っているはずだ。モドリッチはまだいるが、ラキティッチ、スバシッチ、マンジュキッチなどは抜けている。クロアチアは予選で苦戦しており、プレーオフに進出できなくても、正直、それほど驚きはありません。

イングランドは開催国のひとつであり、チームには好調な選手が揃っているので、グループのトップになるはずです。2位は、グループDのホスト国であるスコットランドが勝つでしょう。チェコは今回、アウトサイダーですが、逆転の可能性を秘めており、2位以下の国にとっては複雑な状況になるかもしれません。

グループE

ここでは、最初の本格的な番狂わせを強調したいと思います。グループEには、スペイン、ポーランド、スウェーデン、スロバキアが入っています。スペイン、ポーランド、スウェーデン、スロバキアの4カ国で構成されているが、スロバキアはすぐに敗退が決定し、スペイン、ポーランド、スウェーデンの3カ国でプレーオフに向けた2つの枠を争うことになると予想しています。

スペイン代表チームが明らかに有利で、ほとんどのオンラインスポーツベッティングサイトでは、他の多くのグループステージの有利なチームと同様に、9.50とされています。しかし、私はポーランドが強力なアンダードッグであることを指摘したいと思います。ポーランドは若い才能と経験を兼ね備えているからです。加えて、スペインは専門家が指摘するほど強くなく、スウェーデンは1992年以来、グループステージを突破したことがない、スロバキアの苦戦についても触れないでおきます。誤解を恐れずに言えば、スペインはおそらくグループリーグを勝ち抜くだろうが、グループステージで逆転があるとすれば、それはポーランドだろうと思います。彼らのフォームが最高ではないことは知っているが、上記の要因にはポーランドに希望をもたらす何かがあります。そして、私のユーロ2020アキュムレーターにも!

グループF

死のグループへようこそ! 私たちのユーロ2020ベッティング予想が実際に試されたグループへようこそ! 前回のユーロのファイナリスト(フランスとポルトガル)が同じグループにいるだけでなく、もう一つの世界的なチームであるドイツも加わっている。この状況で苦戦するのはハンガリーで、ようやく大イベントへの出場権を得たのに、こんなひどいグループに入れられてしまいました。まず最初に、ドイツが2018年のワールドカップでプレーオフに進出できなかったことを覚えていますか?私は、ユーロ2020でも同じことが起こると考えています。フランスとポルトガルがグループFのプレーオフチームとなり、ポルトガルが首位に立つと見ています。ロナウドたちは9.50で逆転していますが、これはグループFがいかに厳しいかを示しています。素晴らしいグループステージになることは間違いありません。

ユーロ2020のアウトライトベッティング

ユーロ2020のアウトライトウィナーのオッズはこれ以上ないほど複雑です。しかし、10Bet Japanではユーロのトップオッズを得ることができます。私に言わせれば、オッズはピッチ上の実際の状況を反映していません。選手の最新のフォームやパフォーマンスを考慮に入れれば、オッズの表は大きく変動するでしょう。実際、ここではアウトライトウィナーの上位10カ国をこっそりと紹介しています。この数字を見ていただければ、私の言っていることがお分かりいただけると思います。

チーム オッズ
イングランド 5.50
ベルギー 7.00
フランス 6.00
スペイン 9.50
ドイツ 8.50
オランダ 12.00
イタリア 11.00
ポルトガル 9.50
クロアチア 34.00
デンマーク 29.00

イングランドがユーロ2020の優勝候補筆頭に ? 冗談のように聞こえるでしょう?しかし、世界中のサッカーブックメーカーは、どうやら冗談を言うのが好きではないようで、本当のようです。ブックメーカーは、イングランドが最有力で、ベルギーとフランスが次点になると見ています。

ディディエ・デシャン監督のチームには弱点が一つもありません。ムバッペ、ポグバ、グリーズマンといった選手を擁し、2016年にはグランドファイナルのプレッシャーに負けてしまったレ・ブルーが、ユーロの栄冠を手にするのは間違いないです。ユーロ2020に賭けるなら、6.00の彼らが最も優れたアウトライトウィナーの選択肢であると私は考えています!

2004年のギリシャのような大逆転を期待するなら、ポルトガルの方がいいかもしれません。ロナウドはピークを過ぎたかもしれませんが、彼は今もなお、あらゆる意味での真のゴールマシンであり、侮れません。ブルーノ・フェルナンデス、ベルナルド・シウバ、ルーベン・ネヴェスといったワールドクラスの中盤にも恵まれている。ユーロ2020でハイリスク・ハイリターンの賭けをしたい方は、9.50のポルトガルが有力な選択肢となるでしょう!

10Bet JapanでEURO 2020に勝利のベットを賭けましょう

特別ボーナスやフリーベットがない場合、ユーロ2020へのベットはどうなりますか?賭け事は楽しいものですが、ブックメーカーのボーナスを利用するとさらに楽しく、より有利になります。私たち10Bet Japanは、ブックメーカーのボーナスを一箇所に集めて検証するために、多くの時間、エネルギー、努力を費やしました。私たちのチームは素晴らしいプロモーションを用意し、お客様がその恩恵を受けられるようにしています。私たちはライセンスを持ったブックメーカーとしか仕事をしませんので、さらに素晴らしいことです。すべてのオファーは毎日更新されますので、ユーロ2020の開催期間中は、私たちの限定スポーツベッティングオファーセレクションを毎日確認してください。また、私たちのサッカーベッティングセクションをチェックし、他にも数多くのサッカーリーグやトーナメントに賭けることをお勧めします。