大当たりが的中したプレイヤーの話

大当たりが的中したプレイヤーの話

4000円の入金からスタートし、200万以上を獲得した大当たり

ここ最近で最も幸運に恵まれたプレイヤー – 世田谷出身の太田(仮名)さん。スロットゲーム”Who wants to be a millionaire”で4000円の元手で200万円の大当たりを見事的中させました。

太田さんは3つの「ミニオネアスキャッター」を獲得し、「ホットシートスピンギャンブル」を解除しました。そしてギャンブルを行い、正解を当て、フリースピンの回数を増やしました。フリースピンを1回使用するごとにマルチプライヤーが1Xずつ増えます。太田さんは9つのフリースピンを使い、最後のフリースピンでは賭け金が9倍になる状態でした。最も運が良かったラウンド13で8つのエメラルドと2つのワイルドを当て、200万円以上を的中させました。

幸運なプレイヤーの言葉

「そのラウンドの結果を見たときに思ったことは、『嘘だろ?信じられない』ということだけでした。」太田さんは以前にも高額を的中させたことがありました。彼が10Bet Japanを利用する大きな理由はJCBカードを利用できる点です。”Who wants to be a millionaire”をプレイすることに決め、彼に勝利の女神が微笑みました。

ゲームの詳細

“Who wants to be a millionaire”はBig Time Gaming社製の代表的ゲームです。このゲームでは賭け金を最高50,000倍まで増やせる可能性があります。つまり、プログレッシブではないスロットで、最高ベットの20コインからまさに100万を狙えます。Who Wants to Be a MillionaireはMegawaysを採用したゲームで、6つのリールで最大117,649通りの勝ち方があります。スピンごとに各リールのマスの数が変わります。1番目と6番目のリールは2から7マス、2番目から5番目までのリールは2から6マスの中で変動します。さらに2〜5リールの下には、4マスのシンボルを追加するエクストラリールがあります。ゲームには、シンボルカスケード、ワイルド、リアクション、さらに無制限ウィンマルチプライヤーの最大50回分フリースピンのボーナスゲームといった機能があります。

※個人情報の保護の観点から、仮名を使用しています。