今すぐ賭ける

火の鳥NIPPON!バレーボール女子の闘志を見逃すな!東京オリンピック

by Kumiko Sato
テニスオリンピックのバレーボール勝者アウトライト

バレーボール日本女子代表から目が離せない!

元日本代表のセッターとして大活躍していた中田久美氏の勇姿は、私たちの脳裏から離れることはありません。

その彼女が日本代表監督としてコートに舞い戻り、2017年からチームが動き出して以来、今ようやく輝く瞬間が訪れようとしています。

「伝説に残るチームを作り上げる」と断言してきた中田監督。4大会連続出場となるキャプテンの荒木絵里香選手を筆頭に、セッター籾井あき(JTマーヴェラス)、アウトサイドヒッターの古賀紗理那(NECレッドロケッツ)、石川真佑、黒後愛(両名とも東レアローズ)を中心にチームを形成しました。五輪出場経験のない若い選手たちが多くいる中、得意の高速アタックと粘り強い守備に注目が集まります。

選んで遊ぼう!オリンピック限定プロモ

日本 vs 韓国

7月31日19:40-23:30 プールA

ステファーノ・ラバリニ監督率いる韓国代表チームは、FIVBバレーボールネーションズリーグでの成績は3勝12敗。日本とは第3戦で対面し、0-3で日本に敗れています。参加国16カ国中15位という結果に終わりました。

怪我で一線から離れていたキム・ヒジンとキム・スジ両選手が五輪チームに復帰。五輪出場3度目の、女子バレー韓国代表キャプテンのキム・ヨンギョン選手も膝の手術から返り咲き、オリンピック出場を果たしました。

宿敵・日本の激突で、韓国は五輪で満足のいく試合展開を見せることはできるでしょうか?

また、我らが中田ジャパンは落ち着いてチームの結束を見せつけることはできるのでしょうか?

永遠のライバル・日本 vs 韓国の試合オッズはこちらからチェック!

10Bet Japanモバイルベッティングと カジノアプリ

日本 vs ドミニカ

8月2日19:40−23:30 プールA

FIVBバレーボールネーションズリーグでの対日本戦では、日本がフルセットまでも連れ込み、ドミニカに逆転勝利を果たしました。

7月11日から21日まで岡山県で調整を行ったドミニカ代表。環境にも慣れ、食事にも気をつけながら、絶好調であると伝えられています。FIVBバレーボールネーションズリーグの鬱憤を晴らすべく、今オリンピクでも激戦が予想されます。ドミニカの得点女王・ブライエリン・マルティネス選手の攻撃にどこまで耐えられるかがポイントとなりそう。FIVBバレーボールネーションズリーグの時のような石川、古賀らの活躍が期待されます。

日本 vs ドミニカ戦のオッズをチェックしよう!

関連する投稿