今すぐ賭ける

MLB・過去30年で最も象徴的な瞬間TOP8

by Lora Eneva
MLB史上最も印象的な出来事

アメリカと日本で最も人気のスポーツである野球に特化したこちらの記事では、特に印象的だったメジャーリーグの過去30年間トップ8の瞬間を振り返ります。早速読み進めていきましょう!

1989年ピート・ローズの野球界永久追放

イベントの、メジャーでプレイしてきた選手の中でも最高打者を誇ったローズ元選手は自身が愛してやまない野球界から永久追放処分を受ける羽目に陥りました。

ジョン・ダウド弁護士の調査により、ローズ自らが監督を務めるシンシナティ・レッズを含む試合に野球賭博をしていたことが明らかになり、1989年に彼は野球から永久追放処分を受け、1989年8月24日に無期限の停止を受け入れる協定に署名したのです。

ピート・ローズはMLBのキャリアで4,200以上のヒットを放ち、このカテゴリーでは史上初を記録しましたが、彼が何年もの間取り組んできた野球へのギャンブルを止めることはなかったのです。当時の委員であったバート・ジャマッティは、ギャンブル中毒であるローズを出入り禁止にすることを決定したのでした。

1993年ジョー・カーターのワールドシリーズ〜優勝ホームラン

MLBを語る上で、野球史上最も劇的なホームランであるジョー・カーターに触れないわけにはいかないでしょう。フィリーズ投手のミッチ・ウィリアムズはカーターに勝つことができなかった不運なプレーヤーで、ブルージェイズに2度目のストレートワールドタイトルを許してしまいました。ジョーのサヨナラ逆転ホームランは、トロントのスポーツ史上最高の瞬間の1つとして今日でもカナダで記録が残されています。

1993年10月23日のカーターの劇的なスリーランホームランは、6-5フィリーズのリードを8-6ブルージェイズの勝利に変え、トロントの2年連続でワールドシリーズを終え たのでした。モリトールにとって、彼が放ったヒットは6ゲームシリーズの集大成となりました。

1995年カル・リプケンがルー・ゲーリッグの記録を更新

1995年9月6日、ボルティモア・オリオールズのショートストップ、カル・リプケン.Jrが2131回目の試合に出場し、56年間続いたルー・ゲーリックの連続試合記録を破りました。カムデンヤードの背後にある建物であるB&O倉庫には2,131の照明が灯され、観衆が固唾を呑んで見守る中、もちろん、彼はその日もホームランを繰り出したのでした。このリプケンの連勝が破られる日はいつになのか、まだ誰にも分かりません。

2001年デレク・ジーターの THE フリップ

正直なところ、このトップ10リストを彼のプレイだけで埋め尽くすことができるほど様々あるものですが、今回は「ジーターのフリップ」を取り上げることにしましょう。オークランド・アスレチックスのジェレミー・ジアンビが3塁を走り抜け、ホーム帰ってくるその瞬間、ヤンキースの1点リードで迎えた7回2死一塁のアメリカンリーグ・ディビジョンシリーズで起きた出来事でした。

シェーン・スペンサーから放たれた死にものぐるいの送球でしたが、流石にジアンビをアウトにできないだないだろうと思っていたその瞬間。ヤンキーズのショートストップであるデレク・ジーターがどこからともなく現れ、ボールをひょいっと掴み、キャッチャーのホルヘ・ポサダに向けてバックトス。 絶妙なチームプレイでポサダがそれを引き継ぎ、危機一髪でジアンピをタッチアウトすることができたのでした。その後、このジーターの輝かしい瞬間が勝利へと導いていくかのようにヤンキースの快進撃が続きました。

10Bet JapanでMLBゲームにベットしよう

2003アーロン・ブーンのウォークオフホームラン

「2アウト、9回裏、3-2、打席のアーロン・ブーン…そしてあなたはメジャー史上に残る劇的なホームランを放ったのであった」 2003年のワールドシリーズで対レッドソックス戦で優勝をかけた決勝戦。3勝3敗で第7戦までもつれ込み、5対5で迎えた延長11回裏で、アーロン・ブーンは、サヨナラホームランでリトルリーガーの夢を実現させたのでした。 ブーンがベースを誇らしく一周したのを見守った、そのゲームに居合わせた幸運なファン達は、これまでで最も騒々しいヤンキースタジアムだったと語り継いでいます。 ブーンの本塁打は、名高い本拠地の歴史の中で最も愛する輝かしい瞬間の1つとなりました。

2004年デーブ・ロバーツの盗塁

2004年のボストンレッドソックスは、チームにまつわる伝説的なジンクスである「バンビーノの呪い」を破り、ワールドシリーズでセントルイス・カーディナルスを下し、86年間ぶりにチャンピオンに輝き、野球史上長く語り継がれる勝利を挙げました。レッドソックスはALCS決勝で敗退しており、残り3アウトで、ライバルのニューヨークヤンキースに3-0で敗退。歴代のメジャーを代表する最も偉大なクローザーの1人であるヤンキースのマリアノ・リベラもその時マウンドにいて、新たに勝利を誓うレッドソックスに対し「なかなか上手く事はは運ばないだろう」などと考えていたのです。

しかしそのような厳しい状況においてこそ、奇跡の英雄を生むことがあるというもの。代走として出場することになったデーブ・ロバーツはまさに適材適所の男としてそこにいたのでした。リベラはレッドソックスの打者ケビン・ミラーをワザと一塁に歩かせ、ロバーツに二塁を盗ませるつもりでゲームに誘い出し、主役が登場することになったのです。

この時ヤンキースが優勝にどれだけ近い位置にいたかを私たちは忘れてはいけません。リベラの放った球は、ペース前にいたスピードスターからの距離はわずか数センチ。ヤンキーズのピッチャーは3回のピックオフを試みた後、最終的にキャッチャーのホルヘ・ポサダのグローブに向かって高く外側に投球。受けたポサダが2塁へ好スローを決めましたが、意に反してロバーツはデレク・ジーターのグローブをすり抜け、見事盗塁を決め、ワールドチャンピオンへの道を確定させたのでした。

2004年イチローがシングルシーズンのヒット記録を更新

1920年、ジョージ・シスラーはシングルシーズンのヒット記録を打ち立て、誰もそれを上回ることはないように見えました。現代のゲームがバッターに厳しいルールに変更されたため、1930年以来誰も彼がマークした246打数に到達していませんでした。 コーチは、彼らの秘密兵器である、変化球の使い手を駆使し、記録の打破を防いできたのです。シスラーより長く続いたのは、3つの主要シングルシーズンの記録だけでした。

その記録は、もっと何年も続くもののように見えました。しかし、日本プロ野球からやってきた若い日本人選手によってとうとう打ち砕かれることになるのです。2004年にイチロー選手は歴史に彼の名前を刻むため、バッターボックスに立ちました。シスラーの81歳の娘は、新しい記録保持者を称賛するために試合会場に出席し、その瞬間に立ち会ったのでした。

2014年 クレイトン・カーショウのノーヒットノーラン

アンプレイヤブル ー 2014年6月のある夜、クレイトン・カーショウがこのタイトルにふさわしいパフォーマンスを披露しました。

メジャーリーグの115年間で、283人のノーヒットノーランがありましたが、カーショウは間違いなくマウンドがこれまでに見た中で最大のものであると言えるでしょう。コロラド・ロッキーズは、ドジャースのピッチャーにヒットもウォークも許さず、カーショウは無安打、無四球、15奪三振、無失点を記録した最初のプレーヤーとなりました。カーショウのゲームスコアは102とメジャーリーグ史上2番目に高く、彼の「ノーノー」は野球史に永遠に残るものとなるでしょう。

関連する投稿