日本の名投手・「天皇」金田正一について振り返りましょう!

Masaichi Kaneda

野球界の皇帝〜金田正一

天皇誕生日に、野球界の「天皇」金田正一を思い出す。20世紀の野球界を支配していた皇帝に敬意を表しましょう。 2019年10月に86歳で亡くなった「カネやん」こと金田正一氏は、400試合勝利を挙げた日本の名投手です。 1988年、彼は日本野球殿堂入りし、数か月前にこの世界を去った後も、彼の偉業は永遠に生き続けます…

"天皇"

金田氏は日本において他ピッチャーを許さず全試合を支配する大変稀な能力から尊敬を込めて「天皇」の愛称で呼ばれていました。左利きで打って投げた金田氏は、現在でも日本プロ野球においてあらゆる記録を所有しています。上記の400勝の約90%は国鉄スワローズで得たもので、スタープレーヤーがピッチにいたほど支配的ではありませんでした。

金田正一の輝かしい歴史

彼は名古屋で韓国人二世として生まれましたが、若くして帰化し日本人となりました。 彼は生まれ故郷の名古屋の高校で野球を始め、1950年後半に退学し、スワローズに入団。 プロ初登板は17歳。そこから輝かしい20年のキャリアが続きました。 未来の野球の天皇は、1965年にスワローズと最初の15シーズンを過ごした後、読売ジャイアンツにフリーエージェントとして入団。この年は、ジャイアンツが優勝し、この時から9連勝劇が始まります。 スピードガンは、金田が引退するまで日本で導入されることはありませんでしたが、彼の速球の速度は選手生活のピーク中には110 mphまで達したと金田氏は話しています。

金田正一のキャリア

彼の死後も、金田氏は日本の野球のほぼすべての投球記録を保持しています。 風変わりなウォームアップルーチンを持ったこの驚異的なプレーヤーは、勝利(400)だけでなく、ストライクアウト(4,490)、イニング(5,526⅔)、失点(298)の投球記録を打ち出したのです。野球界の 天皇は、日本において続いた輝かしい数千回の登板キャリアを、同じ「儀式」から始めました。 マウンドに歩いて行き、グローブを落とし、ロジンバックをつかみ、数回空中に放り投げてから、グローブを手に取る。 その後、必ず2ベースまで歩き、8球のウォームアップピッチの1つをキャッチャーに投げました。 投げるたびに、金田氏はマウンドに数歩まで近づき、8ピッチ目を投げ終えるまでピッチングベースの上に立ち続けたのでした。

金田氏と戦ったアメリカ人選手は皆、彼が大リーグ野球に参加するにふさわしい選手であることに同意しました。 昨年10月に彼がこの世界を去った後は、読売時代の背番号34号も同時に永久番号として引退しました。野球の皇帝は様々な方向から愛情とともに私たちの胸の中で生き続けることでしょう。