日本プロ野球

日本プロ野球 2019

日本野球連盟がその前身として知られている日本野球機構は1950年に設立されました。セントラル・リーグ(以下:セ・リーグ)とパシフィック・リーグ(以下:パ・リーグ)の2つで構成されており、それぞれのリーグに6球団ずつ所属しています。しかし、そのルーツは、「大日本東京野球倶楽部」が発足した1934年まで遡ります。その2年後の1936年に、日本野球連盟が設立されましたが、日本による満州(中国東北部)侵略、国共内戦(1937年)、日中戦争、そして第二次大戦といった多くの苦境を乗り越え今の日本野球連へと至ります。

現在の日本プロ野球は、メジャーリーグのワールドシリーズに倣い、日本シリーズと呼ばれる方式を採っています。まず日本プロ野球のペナントレース終了後、セ・リーグ・パ・リーグのシーズン上位3球団によって行われるトーナメントが「クライマックスシリーズ」、その後セ・リーグとパ・リーグの優勝チーム同士が戦う「プロ野球日本選手権シリーズ」が行われます。

現在は、セ・リーグとパ・リーグにそれぞれ6球団が所属しています。

セ・リーグの中では、34回のリーグ優勝を達成した読売ジャイアンツが最も優秀な成績を残しているチームで、実際ジャイアンツはリーグ優勝だけでなく、22回の日本シリーズ優勝を果たしています。また、その他の強豪チームは、中日ドラゴンズ(優勝10回)、広島東洋カープ(優勝8回)、阪神タイガース(優勝6回)、横浜DeNAベイスターズ(優勝3回)が所属しています。

パ・リーグでは、埼玉西武ライオンズが21回の優勝を飾っており、13回の日本シリーズ優勝を果たしています。それに次ぎ、福岡ソフトバンクホークスが18回のリーグ優勝を達成しており、オリックスバッファローズ(優勝12回)、北海道日本ハムファイターズ(優勝7回)、千葉ロッテマリーンズ(優勝6回)と続きます。2013年に千葉ロッテマリーンズを下し、球団史上初のパ・リーグ優勝を成し遂げた東北楽天ゴールデンイーグルスも忘れてはいけません。

日本の野球ファンなら、日系中国人で日本球史で最も重要な選手である王貞治の名前を知らない人はいないでしょう。王貞治は最優秀選手に9回選ばれました。読売ジャイアンツで22年間活躍し、現役時代には世界記録となる通算本塁打868本を樹立しました。1959年に投手として入団した王は、その後すぐにバッターとしてレギュラー入りしました。また1984年から1988年の間、ジャイアンツの監督も務めています。もうひとりのジャイアンツの注目選手である、丸佳浩は、2017年と2018年に最優秀選手として選出され、3年連続選出への道を歩んでいます。

球界の最新ニュースをいくつか紹介します。ニューヨーク・メッツ、カンザスシティ・ロイヤルズ、テキサス・レンジャーズ、ミネソタ・ツインズなどの多くのチームで活躍した、前メジャーリーグ選手のディロン・ジーが現役を引退しました。日本プロ野球では、2018年1月に契約金106万ドルの1年契約で中日ドラゴンズへ移籍しました。2019年1月28日に、ソーシャルメディアで現役を引退することを表明しました。横浜ベイスターズの監督であるアレックス・ラミレスがついに日本国籍を取得しました。日本人女性を妻に持つラミレスはベネズエラ出身の野球選手で、2016年よりベイスターズの監督を務めています。日本プロ野球では、2001年に東京ヤクルトスワローズに入団し、その後読売ジャイアンツで最優秀選手に2度選出され、2013年にベイスターズで現役を引退しました。

読売ジャイアンツは長年にわたって最も安定して強いチームであり、今年こそ優勝を果たす可能性があります。しかし、2018年、日本シリーズを制覇した福岡ソフトバンクホークスは、パ・リーグでは2位に終わりました。一方、セ・リーグは、広島東洋カープが優勝、東京ヤクルトスワローズが2位で幕を閉じました。実際日本シリーズでは、ソフトバンク・ホークスがこの最近5年間の間4回も優勝した代わりに、読売ジャイアンツの日本シリーズ優勝は2012年まで遡りますが、これからも優勝候補に入り込む余地は大いにあるでしょう。

2018年に、パ・リーグの北海道日本ハムファイターズからメジャーリーグロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した大谷翔平は、初年度を最優秀新人王獲得という大活躍で終えました。大谷のメジャーリーグ移籍に続き、清宮幸太郎、菊池雄星、山田哲人、筒香嘉智、菊池涼介、鈴木誠也、千賀滉大といった今シーズンの注目選手たちの今後のメジャーリーグ移籍への期待が高まっています。

メジャーリーグで活躍した日本球界の著名な選手の歴史は、1964年にサンフランシスコ・ジャイアンツへの日本人初のメジャーリーグ移籍を果たした村上雅則から始まります。その後、鈴木イチローはメジャーリーグで最も活躍した日本人選手です。その他にも松井秀喜、上原浩治、ダルビッシュ有、田中将大、岩隈久志らもまたメジャーリーグで実績を残している選手たちがいます。

メジャーリーグから日本プロ野球へ移籍し、輝かしい実績を残した選手も存在します。中でも、日本ではたった1シーズンのみ在籍した平凡な選手であったセシル・フィルダー(阪神タイガース)は、その後ジョージ・フォスター以来の年間本塁打50本の記録を樹立する大物選手へと変貌しました。もちろん、メジャーリーグへ復帰し4シーズン活躍する前の1990年に日本へ移籍した、殿堂入り選手グース・ゴセージも忘れてはいけません。

日本プロ野球の試合への賭け方

野球への賭け方には、マネーライン、ランライン、シリーズ優勝、パーレー、プレーヤープロポジションなど様々な種類があります。賭ける人は、全てのチームと試合に対するオッズを確認し、有効な戦略を立てる必要があります。マネーラインは、試合に勝利すると予想したチームを選ぶという、最も一般的で簡単な賭け方です。全てのスポーツベットで共通するように、リーグ、チーム、選手をしっかりと下調べした上で賭けが的中したときに得られる利益を予測することが大切です。賭けを決定する前に、いつも損益を計算しておきましょう。純粋な運だけに頼ってはいけません。

10Bet Japanで日本プロ野球へ賭ける

10Bet Japanでは日本プロ野球の全試合を網羅しています。www.10BetJapan.comでは、全試合で、ライブベットもしくはプレマッチベットのどちらかを選んで賭けることができます。2019年シーズンは、2月23日にナゴヤドームで行われる、中日ドラゴンズ対横浜ベイスターズ戦(オープン戦)で開幕します。

日本プロ野球は、日本全国、そしてその他のアジア諸国で絶大な人気を誇っています。しかし、アジア圏外での人気はまだ途上段階です。だからこそ10Bet Japanのようなウェブサイトが役に立つのです。日本プロ野球への賭けを提供するウェブサイトは多く存在しません。そのため野球へ賭けて利益を得られる人もごくわずかとなってしまっています。

日本のマーケットにぴったりと焦点を当て、10Bet Japanは日本のお客様が簡単に利用できて楽しめる、オンラインベットとカジノをご提供しております。野球、サッカー、ゴルフ、テニス、バスケットといった50以上のスポーツに賭けることができ、日本特有の賭けに対するニーズを満たしています。

10Bet Japanでは、毎週60,000のベット対象、2000種類の賭け方、50以上のスポーツを網羅し、野球の試合へのスペシャルプロモーションなど日本向けの特別なベット体験を提供しております。今すぐ登録して、https://www.10betjapan.com/promotions/ で特別オファーの受け取りましょう。

それだけでなく、ウェブサイトの利用とユーザーの経験値アップをより簡単にするために、10Bet JapanはVenus PointやSticpayなどの便利な支払い方法、より迅速に対応できるよう年中無休のカスタマーサポートを提供しております。