今すぐ賭ける

2021ウエスタンカンファレンスチャンピオンベッティング

by Lora Eneva
10Bet JapanでNBAの最新オッズを入手しよう

レイカーズ、あるいはマーベリックス?それともロケッツ?

昨年のこの時期、NBAはすでに1か月間開催していましたが、コロナウィルス により、一時中断。10Bet Japanは2020年のクリスマス頃にリーグ復活することを望んでいました・朝の8時にプレゼントを開け、お昼にはバスケットボールの試合を観戦する – そうあるべきであると。日本のバスケットボールファンは、ルカ・ドンチッチ、ケビン・デュラント、ロサンゼルス・レイカーズなど、お気に入りのMVPベットと2020-21チャンピオンのフェイバリットチームや選手に注目しています。こちらの記事では、今シーズンのNBA決勝戦戦でウェスタンカンファレンスを代表する3チームについて検討をします。

10Bet Japanに参加して、日本のベストNBAオッズと各種スポーツベッティングボーナスをもらいましょう。NBAベッティングがいよいよ始まります!

L.A. レイカーズのオッズ

レイカーズは昨シーズン、ウェスタンカンファレンスの最高記録(52-19)を達成し、最初から最後まで私たちに華麗な印象を与えました。第4四半期(57-0)に入ると、チャンピオンシップレベルのチームだけができる完全無敗という偉業を成し遂げたのです。ファイナルMVPのレブロン・ジェームズ選手とアンソニー・デイビス選手が率いるレイカーズは、ウェスタンカンファレンスのフェイバリットであり、同時にNBAチャンピオンシップで再び優勝に期待が掛けられているフェイバリット選手でもあるので大きな注目が集まっています。

レイカーズは主にこの2人のショーでしたが、フィールドゴールの割合(48%)でNBAをリードし、対戦相手を1試合あたり4番目に少ないポイント(107.6)に抑えました。 全体として、L.Aは最も才能のあるチームというわけではなかったものの、レブロンとA.D.に助けられ大きく伸びた集団となりました。ケンタビオス・コールドウェル・ポープやアレックス・カルーソがレイカーズの21回のプレーオフゲームで53分間試合を組み合わせたり、ポストシーズンを通してジャベールマギーとドワイトハワードではなく、A.Dを中心に試合を展開させるなどとは、誰も予想さえしなかったことでした。ダニー・グリーンとカイル・クーズマは、シーズン後のパフォーマンスの後でさらに飛躍が期待される選手であることを証明したわけですが、レイカーズがどのように報酬を出すのかは明らかではないものの、A.Dに対しては巨額の契約金を支払い続ける必要があるのは確かでしょう。デイビスには2021年にMVPに指名される高い確率が出ています。レブロンは、チャンピオンシップ後さらにA.D.に信頼を寄せるに違いありません。

レブロンがMVPを獲得するとは到底考えられないことではありますが、もしもそうなったとしたら、彼はカール・マローンを抜いて、史上最年長のMVP(36歳)になります。レブロンは2012-13年以来、マイアミ・ヒートでは優勝しておらず、デイビスも決して良い成績を残してきた選手だとはいえません。名簿にはMVP級のプレーヤーが2人もいますし、オッズは+175とそんなにそそらない数字になっています。怪我がない限り、ベッターにとってこれらのオッズはそれほど魅力的になることはないでしょう。レイカーズの主な対戦相手は、ドック・リバーズとウォリアーズに敗北しているクリッパーズ。1年の怪我からエリートステータスへの復帰を目指しています。レイカーズがカンファレンスとリーグで今後数年間優勝候補チームになるという兆候はここ数年見ることはないでしょう。

ヒューストン・ロケッツのオッズ

過去6シーズン中5シーズンで、ロケッツはウェスタンカンファレンス決勝戦で敗退しています。馬鹿げたことと言っても過言でもないのですが、ダリル・モーリーはロケッツのGMの退任前に、小さな選手を優先させる「スモール・ラインナップ」の実装にこぎつけ、無理やり実績を作ったのでした。

10Bet JapanでNBAの最新オッズを入手しよう

しかし、それは計画通りにはうまくいかなかったのです。実際、ロケッツは「スモール・ラインナップ」の後も結局3ポイントショットをアークを超えた所から打ち続けるというリスクを伴ったプレイをしたものの、結局そこからリバウンドしてセーブすることができませんでした。 P.J.タッカーは、力強いフォワードでロバート・コビントンと共にチームの中心となってスタートしたものの、ロケッツは1試合あたりのリバウンドをとり、30チーム中28位でレギュラーシーズンを終了(39.7)。ロケットの弱点が明るみに出た結果となりました。前シーズンにアンソニー・デイビスを止める方法を見いだせず、ニコラ・ヨキッチ、ユスフ・ヌルキッチ、クリスタプス・ポルジンギスとの対戦は、48分間守ることはほぼ不可能だと言っていいでしょう。新しい経営陣と新しいヘッドコーチの下で、ボストンは来シーズンはどんな変化と遂げることができるでしょうか。

ラッセル・ウェストブルックの加入はうまく行きました。 ウェストブルックとジェームズ・ハーデンのコンビはうまく噛み合い、61.5ポイント、14.5リバウンド、1ゲームあたり11.0アシストを叩き出しました。サンダーから得たいと思っていたものが、今ではロケッツのデュオとなり輝き出したのです。スティーブン・サイラスがコーチの任務を引き継ぎ、元マーベリックスのアシスタントを務め、ロケッツにアグレッシブなコーチをもう1人追加しました。

ロケッツは、6シーズンのうち5シーズンのカンファレンス準決勝に、そしてWCFは1回行出場を果たしています。サイラスがハーデンとウェストブルックを中心にすばやく構築したり、もう1試合以上勝つことができれば、準決勝以上の可能性もあるでしょう。 ハーデンとウェストブルックで、さらに力を増しますが、レブロンとレイカーズを倒すには十分かといえば、決してそうだとは言えないのです。

ダラス・マーベリックスのオッズ

マーベリックスは、21歳のルカ・ドンチッチと25歳のクリスタプス・ポルジンギスが中心となって輝く、最も明るい未来が見えるチームの1つ。このペアの周りで他の選手たちが何をするのかまだ不明瞭ではあるものの、このチームはクリッパーズに対し6試合を勝利しました。それは、シリーズ中のほとんどが、強打で負傷したドンチッチと負傷・出場停止ファウルアウトされていたポルジンギスが出場していました。

シーズン2でも、ダラスは彼らを中心にチームの構築を続けます。ティム・ハーダウェイJrとセス・カリーでは十分な戦力だとは言えません。昨シーズンのマーベリックスの主戦力は、カリーとハーダウェイに加えて、マキシ・クレバー、デロン・ライト、ジャスティン・ジャクソン、ドワイト・パウエル、ドリアン・フィニー=スミス。彼らをみても満足はしないかもしれませんが、ダラスはゲームあたり117.0ポイントでフランチャイズの記録を破り、リーグで3番目に良いものを築き上げています。

ドンチッチはチームの記録的な得点を稼ぎ出した重要人物ですが、彼はまた、ゲームあたりの彼の28.8ポイント(6位)に加えて、シーズンで平均9.4リバウンド(17位)、8.8アシスト(3位)、27.65プレーヤー効率評価(3位)という記録を出したすごい選手。彼は2020-21シーズン最有力MVP選手候補の一人であり、もしそうなるとしたら、所属するチームもそれに伴って良い成績を残すって誰だって期待しますよね?

このダラスチームには多くの成長要素がありますが、デンバー(+1400)と同じオッズが提供されています。どちらのチームも4分の1のオッズ が並んでいる状態です。これはマーべリックスにとって貴重な数値。ダラスはヒューストン(+1600)とユタ(+2000)を上回っていますが、西を勝ち取るオッズでは、ロサンゼルスレイカーズ(+175)、ロサンゼルスクリッパーズ(+300)、ゴールデンステート(+500)を下回っています。

彼らはちょうど全体のど真ん中に位置しており、ドンチッチのプレイがさらによくなれば、7ゲームシリーズで全チームにとっての脅威になる可能性があります。 今年は無理でも、ドンチッチとダラスは今後3年以内にNBAファイナルに出場するでしょう。

関連する投稿