2021年イースタンカンファレンスチャンピオンベッティング:ネッツ、セルティックス、76ers…猛者同士の戦いが始まる!

NBAイースタンカンファレンス優勝チームへのベットとオッズ

最近行われた2020年のNBAドラフト。それに続いてNBAフリーエージェントが開始されました。有名なフリーエージェントのおおよそ全てはすでに新しい配属先チームを見つけており、アンソニー・デイビス選手はロサンゼルス・レイカーズ残留かと、世間では広く考えられています。

そのほかにも多くの動向があり、その中でも大きなトレードが1つか2つありますが(ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデン選手やラッセル・ウェストブルック選手など)、チャンピオンシップの候補者が誰になるか大体予想ができます。2020-21NBAシーズンの更新されたNBAタイトルオッズをチェックするにはぐっとタイミングであると言えるでしょう。

10Bet Japanは24時間年中無休でオープンしていますので、いつでもお好きなときにNBAゲームをチェックしてベットをしてみましょう。スポーツベッティングボーナスをもらうこともお忘れなく!オンラインで最高NBAオッズを手に入れましょう!

ブルックリン・ネッツ

誰もが切望していたケビン・デュラント選手の復帰により、イースタン優勝も見えてけいたネッツには2番目に良いオッズが提示されています。デュラント選手はアキレス腱断裂という重傷を負いながらも、カワイ・レナード選手とラプターズと対戦、NBAファイナルに出場しました。デュラント選手はカイリー・アービング選手とペアになることから、私たちは歴史的なシーズンを目の当たりにすること間違いなし。ネッツのジャージーを身に纏ったアービング選手を21試合見てきましたが、全世界はもっとそんな彼を見続けたかったのです。そこにデュラント選手が加わるのですから、ブルックリンから目が離せません。 アービング選手は怪我の治療に対処していましたし、正直にいって、デュラント選手と1年間フルシーズンプレイするつもりはありませんでした。

しかしこのネッツがチーム全体で持って2020-21に注目していましたし、これも間近に迫ってきました。ブルックリンではスティーブ・ナッシュ氏をヘッドコーチに任命、クイックシュート、ピックアンドドロール、そして多くのスリーポインターを中心としたオフェンスで責めることが予想されます。

ネッツでは、スペンサー・ディンウィディー、カリス・レヴァート、ジョー・ハリス、トレーン・プリンス選手、そして大物のデアンドレ・ジョーダンとジャレット・アレン両選手が重要な役割を果たしています。ブルックリンは、デュラント&アーヴィングのタッグが加わったがプレーオフで、8人のローテーションを組んでいます。無敵のデュラントとアーヴィングのコンビにとって残された課題は健康維持。ネッツがしている興味深い動向は、コーチングの変更です。過去6年間で、5人のコーチがNBAファイナルにチームを出場させました。ティロン・ルー(CLE)、スティーブ・カー(GSW)、ニック・ナース(TOR)、フランク・ヴォーゲル(LAL)がすべて勝ち、デビッド・ブラット(CLE)が唯一勝ちを掴めず、カーズ・ウォリアーズに敗れました。ネッツからのNBAファイナル出場は今後2年以内に可能性が高いでしょう。

予想される今後72試合では、ネッツにはデュラントとアーヴィングの斬新なコンビという強みがあります。ほとんどの選手やチームは3ヶ月の休暇の後、60日以内に活動し始めました。ネッツが自身のリズムを掴めたら、彼らを阻むものは何もありません!

ボストン・セルティックス

私はセルティックスよりも強く彼らの決勝戦行きを応援していました。それはコロナ禍の前後に、セルティックスに賭けていたからということもあるかも知れませんが、彼らにとって2020−21は奇妙な年でありながら、一つの素敵なチャンスを得た年でもありました。

ジェイソン・テイタム選手、ジェイレン・ブラウン選手、そしてケンバ・ウォーカー選手のコアとなるトリオは、セルティックスを東のカンファレンスファイナルに引き連れ、周囲の期待に堂々と応えました。 マイアミ・ヒートがそのようにECFに入ってくる様子を見た人はあまりいませんでしたが、セルディックスはリベンジに燃え盛っています。ボストンは、マイアミ(+550)とトロント(+1000)に次ぐ、ファイナルを行うための3番目に良いオッズ(+500)が出ています。いくつかのポイントから、これら2つをボストンに引き継ぎたいと思います。

10Bet Japanで最高のNBAオッズを手に入れよう

ボストンは、ゲームのたびに得点され (107.3)、2位に終わり、2番目に少ないアシストしかできませんでした (22.4)。全体で3番目に良いバランスを保ちつつ、対戦相手たちを押さえ込むことができました(-6.3)。あとはバックスとクリッパーズを射程距離に納めたいところ。ボストンはブロックで5位(5.6)、スティールで6位、ターンオーバーで8位でした(13.8)。

それではオフェンス力はどうでしょうか?

フィールドゴール率でトップ10にランクインせず(17位)、フィールドゴールの試み(11位)、スリーポイントの試み(13位)、スリーポイント率(13位)、フリー スローの試み(18位)となっています。ボストンの主な問題は、アシストなしのゲームごとに行われたスリーポインターで3位(29.3%)、ツーポインターで18位(49.1%)に終わったことです。 最下位からボストンのいるところまで這い上がってきた唯一のチームはポートランドとヒューストンでした。ボストンのトリオとマーカス・スマートからボールを奪うのは至難の技なのです。

セルティックスは1試合あたりのアシスト数で25位(23.0)で終了し、ポートランドとヒューストンはリーグで下位2位で終了。ボストンの相手にはならないでしょう。前シーズンを合わせて、ケンバ・ウォーカー選手とのシーズン2では遥かに多くのパフォーマンスを見ることができるでしょう。セルティックスには、ブラッド・ワナメーカー、グラント・ウィリアムズ、カーソン・エドワーズ、タッコ・フォールなど、活躍しようと血気盛んな若いプレーヤーがたくさんいます。このチームは非常に刺激的で若い力が漲っており、多くの可能性を秘めています。

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

ブレット・ブラウンHCの解雇は76ersは最終的に正しい決定だったと言えるでしょう。ネッツのように、76ersもまた、新しいコーチがやって来て、すでに「完成された」または「競争力のある」チームを次のレベルに引き上げる、というNBAのトレンドの波に乗り乗ったのです。76ersにとって、次のレベルとは2019年にトロント・ラプターズに敗れた後の決勝戦。ドック・リバースHCが職を失うことを予想した専門家も多くなく、新ヘッドコーチの変更は、少なからずショックを与えました。これは、76ersが軌道に戻すために必要なものである可能性があります。これに対してベン・シモンズ選手がシューターやアグレッシブなスコアラーになるために必要な措置を取りたくないのは今に始まったことではありませんが、ジョエル・エンビード選手とタッグを組んでも攻撃力は上がりません。

フィラデルフィアは2019年以降、ほとんどの外回りシューターを失って、これは2020年の主な問題の1つでした。エンビード、シモンズ、トバイアス・ハリス以外では、76ersはフルカン・コルクマツ、アレック・バークス、ジョシュ・リチャードソン、グレン・ロビンソン3世、シェイク・ミルトン、マティス・サイブル達でオフェンスを固めます。

フィラデルフィアがアル・ホーフォードで何を企んでいるのか、ハリスが76erで長くプレイすることになるかどうかはわかりません。過去2シーズン、シモンズを取り巻くトレードのうわさもあり、ドック・リバーズをコーチとして迎えることで、選手リストの劇的な変化も期待できます。エンビード選手はリバーズでこれまでで最高のシーズンを迎えることでしょう。彼はエースプレイヤーを活用する方法を見つけ、特に3回からの無駄なショットの試みを抑えることができました。

76ersにとって、2021年にイースタンカンファレンスの優勝するのは正直なかなか難しいですが、このギャンブルは彼らにとって今シーズンの最高の価値になることでしょう。この過去のシーズンにホームでNBAベスト31-4を達成しましたが、12-26でリーグ最悪のシリーズの結果を残してしまいました。リバーズと76ersの2019-20クリッパーズチームは、22-14でフィニッシュ、イースタンカンファレンで2番目に多いリーグ優勝しました。リバーズが追加のシューターの選手リストを用意でき、エンビードとシモンズ両選手の健康管理が可能であるならば、76ersはイースタンカンファレンスの優勝争いに食い込むことも夢ではありません。