今すぐ賭ける

ナダルとノバク:ザ・ライバル

by Boris Stoyanov
ナダルvsジョコビッチ・ライバルガチンコ対決

ジョコビッチとナダルの関係はテニス史上現代における最大のライバルです。これはオープン時代の男子テニスで最も過激なものです。プレイヤー、コーチ、専門家の全分野を含めたもので、2006年に始まったばかりにかかわらず、ATPによって2009年の2000年代の3番目に大きなライバルとしてリスト入りされました。

2人は56回も対戦し、ジョコビッチが 29–27、そして決勝で15–12とリードしています。これらのうち16試合はナダルがグランドスラムで、10–6で先立ち、全仏オープンで7-1、全米オープンで2-1でリード、ジョコビッチは全豪オープンで2-0、ウィンブルドンで2−1と勝ち星を挙げています。

56試合中、27試合はハードコート、25試合はクレイ、4試合は芝コートで行われました、ナダルはクレイでリード(18–7)、ジョコビッチはハードコート (20–7)でそれぞれ優位に立っており、芝では同点となりました (2–2)。

33歳 (1987年5月22日) 年齢 34歳 (1986年6月3日)
セルビア・ベオグラード 出身地 スペイン・マヨルカ・マナコル
モナコ・モンテカルロ 居住地 スペイン・マヨルカ・マナコル
188 cm 身長 185 cm
77 kg 体重 85 kg
右利き 利き手 左利き
両手 バックハンド 両手
2003 プロ入りした年 2001
41勝5敗 今年の勝利/敗退回数 27勝7敗
4 今年の獲得タイトル数 2
934勝192敗 全キャリア 勝利/敗退回数 1004勝204敗
81 全キャリアで獲得タイトル数 86
$145,656,177 全キャリアで獲得した賞金額 $123,482,764

ラファエル・ナダルvsノバク・ジョコビッチ– ガチンコ対決 27-29

ATPにおけるライバル直接対決でジョコビッチが29−26でリードし、過去12試合中10試合を制しましたが、ナダルは7試合の全仏オープンのうち6試合で勝利を納めました。ジョコビッチは最初のATP決勝戦でナダルを6-2, 7-6(4)で破り、2020年シーズンを大勝利からスタートさせました。

総合 27-29

ナダルは、初期の段階ではジョコビッチに優勢。2011年、ジョコビッチの勢いは増し、ナダルを7回連続で破りました。全仏オープン決勝2014でナダルに4セットで負かしたあと、ジョコビッチは再びナダルに対して7連勝しました。ナダルがマドリッドで優勝した2017年以来、両者は3-3で引き分けでしたが、ジョコビッチは6-2、7-6のスコアで、2021年1月のATPカップ決勝で最後の試合に勝ちました。

クレイコート 17-7

ジョコビッチは、クレイコートにて、ナダルに4回以上勝ち、全仏オープンで彼を破った2つのうちの1つ(2015年準々決勝で3-0)を下した唯一のプレーヤーです。 ナダルは昨年のローマ決勝でのクレイに関する最後の試合で6-0、4-6、6-1で勝利しました。 どちらかのプレイヤーが対戦相手を完封勝利したのはこれが初めてでした。

全仏オープン17-1

ジョコビッチが全仏オープンでナダルに勝ったのは2015年の準々決勝でした。ナダルは絶不調に陥り、2005年から現在までのキャリアの中での最低ランク(9)まで落ちてしまいました。ジョコビッチはその年の決勝でスタン・ワウリンカ選手に敗退し、2人のレジェンドの対決史上最も伝説的な試合は、2012年の準決勝で、ナダルは6-4、3-6、6-1、6-7(3)、9-7の5セットでジョコビッチに勝利しました。ナダルがメジャーでプレーしたのは2回目の5セットの試合で、最初の試合は2011年の対ジョン・イスナー選手との1回戦の勝利でした。

グランドスラム・決勝戦 4-4

ナダルは、2010年にニューヨークで行われた史上最高の選手たちを打ち負かし、初のグランドスラムを3-1で勝利し、わずか24歳で全グランドスラムタイトルを獲得、また、テニス界の偉業であるキャリアゴールデンスラム(4つのメジャーすべてとオリンピックゴールドを獲得)をシングルで達成した最年少プレイヤーになりました。

ラファエル・ナダルvsノバク・ジョコビッチ–スラム決勝– 4-4

史上最高の選手は現在ナダルが19つ、そしてジョコビッチが17つのグランドスラムタイトルを獲得しています。 ロジャー・フェデラー選手だけが20と2人を先制しています。 3位のジョコビッチに続いて、1990年から2002年の間に14つのグランドスラム優勝を果たしたアメリカのピート・サンプラス選手がいます。グランドスラムの最終会議では、ナダルとジョコビッチはすべて4-4で同点。ナダルは全仏オープン決勝でジョコビッチと2-0、全米オープンで2-1、メルボルンで0-2、ウィンブルドンで0-1という記録を残しています。

2019全豪オープン決勝戦

ジョコビッチvs ナダル6-3、6-2、6-3 ジョコビッチは彼のキャリアの中で最高の試合残し、セットを落とすことなく決勝戦でナダルをストレートで破りました。

2014 全仏オープン結晶

ナダルvsジョコビッチ 3-6, 7-5, 6-2, 6-4 ナダルは、最初のセットを落としてから2セット目で取り戻し、9回目になる全仏オープンタイトルを獲得しました。

2013 USオープン決勝戦

ナダルにとって最高の年となった2013年。ジョコビッチとの3回目になる頂上決戦で2回目のUSオープンで優勝でキャリアのピークに達しました。

2012 全仏オープン決勝戦

ナダルvsジョコビッチ 6-4, 6-3, 2-6, 7-5 / ナダルは、ビョルン・ボルグ元選手の過去の記録を6タイトル上回り、7回目の全仏オープンを優勝、ジョコビッチはここで4つのメジャーなタイトル全てを同時に手にしました。

2012全豪オープン決勝戦

ジョコビッチvs ナダル 5-7, 6-4, 6-2, 6-7(5), 7-5

ビョルン・ボルグ、ジョン・マッケンロー、ステファン・エドベリなどのテニス界のレジェンドたちが残した記録を全て塗り替え、史上最高試合として記録に残ることに。 ナダルは第5セットまで粘り、ジョコビッチは5時間53分という試合時間に耐え、史上最長のグランドスラム決勝を手にしました。

2011 USオープン決勝戦

ジョコビッチvsナダル 6-2, 6-4, 6-7(3), 6-1

ジョコビッチはナダルに対して2回連続のGS決勝で勝利、3つの全米オープンタイトルのうち、最初の優勝をいとも簡単に手にしました。今年はジョコビッチが世界のテニスを支配した初の年。ジョコビッチは世界一の選手に輝きました。

2011 ウィンブルドン決勝戦

ジョコビッチvsナダル 6-4, 6-1, 1-6, 6-3

ナダルはSW19で5連覇を果たした者の、手を負傷してしまい、優勝争いから脱落。ジョコビッチは彼にとって最初の5つのウィンブルドンタイトルを手中位入れました。

2010 USオープン決勝戦

ナダルvsジョコビッチ 6-4, 5-7, 6-4, 6-2

ナダルは、今年の全米オープンで時速200kmのサーブを繰り出し、4つのメジャーな試合全てを優勝、キャリアスラムを達成した史上最年少選手となりました。彼はまた、シングルスでオリンピックの金メダルを獲得したこと加え、アンドレ・アガシ選手に続き、史上2番目のゴールデンスラム保持者に輝きました。

ラファエル・ナダル vs ノバク・ジョコビッチ –スラムマッチ – 10-6

ナダルは、これまでのところ、ノバクジョコビッチとのグランドスラムで対戦し、合計で10-6という記録を残しています。ナダルvsジョコビッチのライバルは、ほぼ全ての試合において(日曜日の56試合目)テニス史上No.1のライバル同士。グランドスラム最終決戦では、ナダル対ジョコビッチの関係はナダル対フェデラーに次ぐ激しいライバル関係と言えます。ナダルはグランドスラム決勝でフェデラーに対して6-3の記録を保持し、 フェデラーは、ナダルとの対戦の、2006と2007では初の2回のウィンブルドン決勝で優勝。全豪オープン 2017で最後に優勝を果たしています。ナダルは、古典的なイベントであるウィンブルドンで決勝(2008)、神がかった全豪オープン決勝(2009)、全仏オープン決勝(2006、2007、2008、2011)でタイトルを手中に納めました。日曜日のナダルvsジョコビッチ–グランドスラム決勝戦では、ライバル関係はナダル対ロジャーのライバル関係に匹敵する熾烈な戦いを見せることでしょう。

10Bet Japanのテニス試合にオンラインで賭けて、全ATPスポーツに対する最高テニスオッズをゲットしてください!今すぐウェルカムボーナスオファーを入手して始めましょう!

関連する投稿