今すぐ賭ける

ユーロ2020:クロアチア vsスペイン・フランス対スイスのベストヒント

by Kumiko Sato
ノックアウトタイム!

クロアチア対スペイン

2018年のW杯ファイナリスト・クロアチアは、イングランドとチェコ共和国などの強豪チームがひしめくグループから飛び出すために努力し、その報酬として対スペイン戦で引き分けを手にしました。

対スコットランド戦で手にした3−1という印象に残る勝利で、試合中盤で華麗なショーを見せてくれたのは、名スキッパーであるルカ・モドリッチ。彼の職人的に繰り出された美しいゴールも披露されました。もしモドリッチと彼のミッドフィールドパートナーであるマテオ・コヴァチッチがここで勝つことができればクロアチアの勝利も現実味が帯びてくるでしょう。

一方のスペインですが、最初の2試合では精彩に欠けた動きを見せていました。最後の試合でスロバキアを5−0で下したものの、特にオープニングゴールでは実力というよりも運が良かったということをチーム自身もよくわかっているはず。スロバキアのキーパー、マルティン・ドゥブラフカが犯してしまったオウンゴールにも助けられました。

クロアチアもスペインも、水曜の午後の試合で高得点を取ったにもかかわらず、両方のチームでは明暗が分かれた兆候が見えています。

クロアチアの最初の2試合は両方とも2.5ゴールを下回り、ユーロの前にプレイした5試合のうち、4試合とも同様な結果になりました。

スペインは最初の2試合もアンダー2.5ゴール、土曜日にポーランドと1−1でドローになった時も最初の5試合で1ゴールしか決めることができませんでした。

これは両チームに非常に好戦的であることであることが分かり、お互いにチャンスを狙いあうエッジの効いた試合展開になることが予想されます。

つまり、クロアチア対スペイン戦はアンダー2.5ゴールになる可能性も高い、ということです。

推奨ベット:アンダー2.5ゴール (オッズ 1.68 倍)

最高のサッカーオッズはここからチェック!

早速EURO2020にベットしよう!アクションを起こせ!

フランス対スイス 

フランスはユーロ2020の優勝候補ではありますが、フェイバリットチームのようにまだち調子を上げ切れていないようです。フランスはオウンゴールでドイツを破り、ハンガリー、そして再びポルトガルと引き分けに。グループ首位に立つことはできているものの、本領発揮、とまでは言い切れない歯切れの悪さが目立ちます。とはいえ、早々にピークを迎えることは決して良いことではありません。

スイスは…スイスらしさを保ち、非常に安定したプレイを続けています。全てが物理的、組織化され、強い競争力を魅せつけ、重要な局面で必ず勝利を挙げています。最後の試合では、最高のパフォーマンスをキープしつつ、トルコを3−1で破りました。

フランスははるかに大スター選手達が名を連ね、大きな成功を納めてきたチームでありながら、そのフランスに対し、スイスは実際長年にわたり試合で好成績を残してているのです。

最後の4試合では、2014年W杯でフランス相手に5-2で敗北したものの、他のゲームは全て引き分け。これはスイスが知名度の高い強豪相手でも怯えることなくプレイをしていることを意味します。

とは言え、フランスに比べて、スイスにはスター性が欠けていることは否めません。

スイスチームに魔法の粉を振りかけることができる選手がいるとすれば、それはジェルダン・シャチリ選手しかいません。

スイスが前半に良い試合展開を繰り広げ、フランスが後半に1点以上ゴールを決めるという流れ。

ぜひこれに賭けてみてはいかが?

推奨ベット:ハーフタイム/フルタイム市場でハーフタイムで引き分け、フランスの勝利(3.65倍

貴方の賭けに絶対役立つ特別ボーナスとプロモーションをお見逃しなく。10Bet Japanで今すぐベット!

関連する投稿