リスペクト!「キング・カズ」三浦選手は54歳でもなおJリーグで絶賛活躍中!

三浦知良ゴールのオッズ

日本プロサッカーで最年長現役選手を誇る三浦知良は、横浜FCとの契約を延長した後、54歳になろうとしている今もプレーすることが決まっています。「キング・カズ」として日本の広い世代から知られている三浦知良選手は、2021年度のJリーグが始まる前日の2月26日で54歳の誕生日を迎えます。2005年に加入したクラブから数えてシーズンは17回目で、全体で36周年となります。

この偉大な元日本ストライカーは、2017年、日本の第2部でザスパクサツ群馬と対戦し、合計50年と14日で日本のプロリーグの試合で史上最年長の選手になりました。

三浦選手は1986年にブラジルのサントスでキャリアをスタートさせました。彼は日本で最も尊敬されているスポーツ選手の1人であり、1993年に発足したJリーグの宣伝用ポスターのメインキャラクターでもあったことからさらに顔を広く知られ、1990年代初頭に国のサッカーブームの最前線に立ち、大活躍をしました。

彼は1993年と1994年にヴェルディ川崎を優勝へと導き、その後イタリアで、ジェノヴァとセリエAでシーズンを過ごしました。また、三浦選手はクロアチアとオーストラリアでも活躍しています。1992年に日本代表としてアジアカップを優勝しましたが、6年後のフランスでのワールドカップ決勝の本大会出場メンバー選考から漏れてしまいました。三浦選手は89試合中、55得点を日本のために貢献しました。

フォワードである三浦選手は、横浜が2019シーズンの終わりにチームの昇格に貢献しましたが、2020シーズンには4回しかプレイができませんでした。

2021年のJリーグの洞察をチェックしてください。10Bet Japanに登録して、今すぐウェルカムボーナスをお受け取りください!