今すぐ賭ける

2021年のJリーグ:洞察・ベッティング&オッズ

by Boris Stoyanov
2021年Jリーグベッティング

2021年のJリーグシーズンは2月26日開幕。新しいチャンピオンである川崎フロンターレがJ1タイトルの防衛を開始し、降格されたチームが日本サッカーのトップフライトへと戻ります。運営は月曜日に、次のキャンペーンが2月の最終週末から12月4日まで、ホームとアウェイベースで実施することを発表しました。

シーズンは、開催される予定であった2020年東京オリンピックの開催の遅延に伴い、7月23日から8月8日まで夏休暇を挟んで38ラウンドにわたって行われ、オリンピックスケジュールに含まれる予定です。男子サッカートーナメントは、オリンピックの開会式前日から開始されます。

川崎は順調な再スタートを切り、1試合あたりの代理選手の数が3人から5人への増加を含など、厳しいスケジュールの中で怪我病気を抑えるために設定された「ニューノーマル」に伴い新しい条件を最大限に活かしました。

鬼木達監督の元、選手たちは現在の34試合リーグ形式での記録である4試合を余裕を見せつつ締めくくり、今シーズンの記録も83ポイントという記録を残しました。才能あふれる若者とベテラン格の選手が融合した川崎ですが、40歳の偉大なプレイヤーである中村憲剛選手の11月初旬に今シーズン引退発表を受け、さらにインスピレーションを得ました。 ガンバは2位になりましたが、来年のアジアチャンピオンズリーググループステージでも出場権を獲得、今年の短縮されたトーナメントで天皇杯を盛り上げてくれるでしょう。

名古屋グランパスも、最終日を迎えた3位争いでセレッソ大阪と鹿島アントラーズを下し、ACLプレーオフでの確かな地位を確保しました。Jリーグでは、8月にコンサドーレ札幌からベルギーのベールスホットFCに移籍したフォワードの鈴木武蔵選手をはじめ、多くの有名選手がヨーロッパに旅立ちました。

一方、FC東京は、ドイツ側のハノーバーとロシアのクラブFKロストフにそれぞれ出場した右サイドバックの室屋成とミッドフィールダーの橋本拳人選手の2人がチームを離れました。

横浜FCが12年ぶりにトップに戻ったのは、53歳の日本ストライカーであった三浦知良選手が彼の名高いキャリアに新たな章を加える道を開きました。生きる伝説である「キング・カズ」は、9月23日に川崎に3-2で敗れた試合に出場した後、Jリーグ1部戦で史上最年長の選手として記録を残しました。三浦選手の記録はニュースのヘッドラインに掲載されてもおかしくないものでしたが、15位であった横浜FCの大きな発展は、クラブで活躍する若い才能の出現でした。 その選手の中には、オフシーズンにベルギーのロンメルFCに向かう19歳のフォワード斉藤光毅選手がいます。

もう1つ、昇格したチームである柏レイソルは、リーグのトップスコアラーであるマイケル・オルンガ選手が先立ち、印象的なJ1リターンを果たしました。2021年シーズンは、第1ディビジョンが通常の18チームではなく20チームとなり、新たな地平を切り開きます。徳島ヴォルティスとアビスパ福岡は第2ディビジョンから自動昇格をしました。

コロナウイルスの症例は日本全国で増加し続けており、リーグは感染による試合の延期または中止を伴う将来に備えています。

試合のスケジュール、順位、ニュースの詳細については、Jリーグ公式ウェブサイトをご覧ください。

ライブJリーグオッズ&ライブベッティング

10Bet Japanでは、日本のすべてのサッカーファンに卓越したJリーグのベッティング体験をお届けする準備が整っています。続行中の試合にライブで賭けることにより、ゲームの興奮度も格段に違ってきます。特別なJリーグのセクションでは、川崎フロンターレの最高オッズ、鹿島アントラーズ、横浜Fのオッズなどをご確認ください。下の緑色のボタンをクリックして、勝利を掴み取りましょう!

関連する投稿