ヨーロッパで活躍する最高の日本人サッカー選手7人

ヨーロッパで活躍する日本人サッカー選手トップ7

日本は世界のサッカーの主たる国ではなかったものの、非常に情熱的なゲームプレイすることで世に広く知られています。2018年のロシアワールドカップで、日本代表はトーナメントの強豪国であるベルギーをほぼノックアウトすることに成功。しかし、ベルギー3つのゴールを打ち出し、日本チームの心を粉々に壊したのでした。日本には、常にトップと競争できる選手のチームがいるでしょうか?ヨーロッパで活躍する8人の日本人サッカー選手8人を見てみましょう。

久保建英(18)レアル・マドリード

「日本のメッシ」とも呼ばれる久保建英は、素晴らしい左足、優れたドリブルスキル、そして得点王として様々な才能に恵まれています。2011年、久保は、FCバルセロナのユースアカデミーに、日本最大の新進気鋭のサッカー選手として招待されました。 4年後、ライトウィンガーは2015年に日本に帰国し、1年後にFC東京に加入。2019年にスペインにて2回目のチャンスを与えられましたが、レアルマドリードに抜擢され、5年間の契約に署名しました。

現在18歳の彼はマヨルカにレンタルされ、これまでに24試合で3得点を挙げていますが、長期的にはレアル・マドリードの最初のチームに加わるすることにむけて動いています。

中島翔哉(25)FCポルト

中島は主にレフトウィンガーとして最前線で活躍していますが、ミッドフィールドとアタックとの間クリエイティブな役割を担うことも、同様にこなします。 2017年、中島は初めて海外に移籍し、ポルティモネンセS.C.と期限付き契約を結びました。10ゴールと32試合で多くのアシストを獲得した後、1年後に恒久契約を締結。2019年、アル・ドゥハイルに31.50百万ポンドで完全移籍したもののカタールで少しの間過ごしたあと、ポルトFCに参加するためポルトガルへと舞い戻ったのでした。

南野拓実(25)リバプール

2020年1月、オーストリアのクラブレッドブルザルツブルクからの報告された料金725万ポンドの契約料で、南野拓実はチャンピオンズリーグのリバプールに署名しました。この25歳の選手は、チャンピオンズリーグの2回のグループ戦でリバプールに衝撃を与えました。 アンフィールドでリバプールがザルツブルクを4-3で破った南野は、移籍で夢を実現したと語りました。アンフィールドでは、レフトウィンガーである彼がサディオマネのバックアップとして役目を果たしますが、セネガルのスターがこの夏にチームを去った場合、より多くの機会が南野に与えられるチャンスが待っています。

ベストサッカーベッティング&オッズ

安部裕葵(21)バルセロナB

安倍は自身に満ちた予測不可能な選手で、実にトリッキーで高速ウィンガーとして知られています。この21歳の選手は現在、バルセロナBのチームでプレーしており、昨シーズンは20試合で4得点を挙げています。 2019年5月24日、安倍は日本から招集され、ブラジルで行われたコパ・アメリカに出場、チリでデビューを果たしました。 来シーズン、安倍は最初のチームへの出向を望むかもしれません。

冨安健洋(21)ボローニャ

冨安健洋はアビスパ福岡で2シーズンを過ごした後、2018年にベルギーのクラブシント=トロイデンVVに加入。これが実質彼の初めての海外進出となりました。ジュピタープロリーグでクラブ年間最優秀プレーヤー賞を受賞した素晴らしいシーズンの後、右ディフェンダーの彼はセリエAクラブボローニャに810万ポンドで契約しました。189センチの長身で、高い存在感と優れた汎用性を備えており、ボール捌きも素晴らしい選手です。

酒井宏樹(30)オリンピック・マルセイユ

昨年の夏、トッテナム・ホットスパーはマルセイユのDF酒井宏樹の獲得を狙っていたと報道されていたものの、結局南フランスに在留を決意しました。酒井は日本代表として61回出場し、ブンデスリーガとリーグ1で200試合以上プレーし、海外で最も成功した日本人サッカー選手の1人となっています。この30歳の選手は、2018/19年にマルセイユのシーズン最優秀選手に選ばれ、マルセイユの右バックポジションのファーストチョイスとしても活躍しています。

堂安律(21)PSV

堂安律は日本サッカー界において特記すべき優れた才能を持つ選手であり、多くの人から新世代の顔として広く認識されています。21歳のライトウィンガーである彼は、日本代表チームの18試合ですでに3得点を獲得した経歴があり、2018年4月15日にもローダJCに対して、今シーズンの8番目のゴールを決めました。これは、フローニンゲンのティーンエイジャーの選手としてアリエン・ロッベンの記録的合計ゴールに相当するものとなっています。675万ポンドで契約した後、堂安は現在、右足でプレーするのが好きな左利きの選手として、エールディビジのPSVで活躍しています。いつの日か、彼が日本史上最大のサッカー選手の一人になる日が来るかもしれません。